本を読む。正気を保つ為に。

読んだ本を記録する。

お願いペンダント@ジャンプ+を読んだ。

お願いペンダント

shonenjumpplus.com

 感想

願い事を叶えてくれるペンダントと双子の話。設定と展開が分かりやすく、とにかく読みやすい。内容としては世にも奇妙な物語っぽさがあった。

お願いをすると叶えてもらえるが散々な目にあってしまう。しかし主人公が「病気の治し方を教えて」とお願いすると、目に見えたデメリットなく、治し方を教えてくれた。メリットに対してデメリットが大きいのが、お願いペンダントの特徴のようだ。

「病気の治し方を教えて」に対するデメリットがなかった(強いて言えば壁が汚れる)のは、「他力本願」かどうかの違いな気がした。自分で現状を打破する気があるお願いなら、デメリットが大きくならなそうに見えた。

作品応援コメント欄を見ると、双子は既にペンダントで精神が入れ替わり済みと考察している人がいたが、私はミスリードだと考えている。姉の性格が男勝りで一人称が俺なのは、ただそういうキャラクターなだけ。病気の治し方が「脳を Replace」だった事によって生まれた深読みであると思う。

このクオリティの読み切りをもっと読みたいと思った。